自動車 事故 すること

自動車で事故に遭った時にすること

自動車事故 すること

 

自動車を運転中に交通事故遭ったら、たとえ普段は冷静な人でもかなりパニックになります。
なにをするべきかその場で考えようと思ってもパニックで思いつきにくいので、冷静な今のうちに「事故の時にやるべきこと」を確認しておきましょう。

 

1:もし怪我をしている人がいる場合はまず救急車を呼んで、応急救護措置を取りましょう。
近くに人がいる場合は大きな声で呼んで協力してもらい、心肺蘇生法が必要な場合は救急隊が来るまで続けてください。

 

二次災害を避けるためにも安全なところに車を停車させ、必ず三角板や発煙筒などを利用して安全を確保して行ってください。

 

2:次に警察に連絡します。
警察に来てもらうのは、たとえ小さな事故でも「事故証明書」がないと保険金が出ないことがあるからです。必ず警察を呼んで第3者の目で事故を確認してもらうようにしてください。

 

3:そして相手の確認です。氏名・生年月日・住所・電話番号・ナンバープレートなどを確認して、連絡先を聞きましょう。
相手が加入している保険会社がわかるなら、証券番号を確認してください。

 

4:保険会社に連絡します。相手が興奮状態なら、保険会社の人に間に入ってもらうなどしたほうが安心ですね。
最近では社内にあるボタンを押せば保険会社につながるシステムを持つものもありますね。

 

事故の直後は「大丈夫、大丈夫」と言っていた相手でも日が経つと体に痛みが出ることが多々あります。
「何でもします」のようなその場での口約束をしないで、事故の対応は保険会社にお任せくださいね。

 

トップページ > 自動車保険が安いおすすめの保険を簡単に探す方法